ストVバーディで僕がやってること、対空

■対空

 

屈中P

真上に強い。

S2で判定が小さくなったようだが下に強い技じゃなければ落とせる。

落としてから密着なので攻めれる。

あとキャンセル弱リベンジャーがいやらしい。

 

屈大P

少し遠目の対空。

間合い調整が難しいが、当たればダウンさせられる。

キャンセルで缶を仕込めば缶追いかけて攻めれる。

 

ホーン

出切ってしまえば信頼度高い。

前進するので真上には弱い。

少し飛び上がったくらいを当てれるとほぼ負けない。

ボタンためなのがネック。

 

EXホーン

アーマー付きなのでノーマルホーンよりさらに信頼度高い。

こっちもボタンためなのがネック。

ホーンはどっちもトリガー仕込んでおけば当たればヘッドで追撃できる。

 

大K

屈大Pよりも遠目の時に置いておく感じ。

バーディの食らい判定が後ろに下がる関係で潰しやすい。

空中クラカンすればヘッドで追撃。

ゲーセンで言われた衝撃的なこと

ゲーセンで言われた衝撃的なことベスト3

第2位 「お前それゲーセンでやっちゃいけないことの一つだぞ。」
当時学生だった僕。
サラリーマンに勝ったらこちら側に来て言われました。

どうやら当て投げのことを言われたようだったが、当て投げ使った覚えはなかった。 
言われてからも乱入されたから、当て投げ使わないで勝ってあげました。
俺はそういう無駄な忠告の方がやっちゃいけないことの一つだと思いました。
あと他のやっちゃいけないことを教えて欲しかった。

スト5バーディで僕がやってること

遠距離

・缶を転がして近づく。

  缶を転がすだけで有利、追いかけて攻め。

  アーマー技だけ注意。

・相手の飛び道具に合わせて強リベンジャー。

  読めれば強いし接近できる。

 

中距離

・立大P

  先端を当てるように。

  結構長い。

・立中K

  先端を当てるように出す。

  S2で発生が1フレ遅くなったけどまだ強い。

  全体フレームが短いので回転がいい。

・立大K

  ガードさせて5分の出し得技なので積極的に振っていく。

  バーディの食らい判定が後ろに下がるので相手の牽制を避けることもある。

  近距離ならノーマルヒットでも大K>中P>中ヘッドがヒット。

・6大P、3大P

  どっちも先端で微不利くらいだけどめり込むと反撃される。

  アーマーと低姿勢は使いたいので距離を見て出す。

 

近距離

・弱Kでヒット確認

  弱K2回刻んでヒット確認から弱ヘッド

・打撃との択で通常投げとコマ投げ

  コマ投げはダメージ高くて投げぬけされないけど飛ばれると反撃されるので気を付ける。

・起き上がりに立大K持続重ね。

  ガードされても打撃と投げの択が出来る。

 

ラカン

 ・大Kのクラカン後は離れすぎてない場合はダッシュから中Pが当たる。

 

対空

 ・屈中P

   S2で判定弱くなったけどまだ通常技対空で信頼できる。

 ・ホーンは出てしまえば判定が強いので、中距離で待つときは溜める。

 

ゲージ

 ・コンボでEXヘッドを入れる。

 ・相手の牽制や中距離の飛び道具に合わせてEXホーン。

 

Vゲージ

 ・無敵技で切り返せないので時々Vリバーサルするくらい。

 ・トリガー発動はEXヘッドから積極的に。

ぼくのゲーセンの歴史1

ゲーセンに行き始めたのは中学生の時。

 家から約5キロくらいのところにあった小さいゲーセン。

 

それまで家で友達とパッドで対戦したり、レンタルビデオ屋の中にあるネオジオ筐体でCPU戦をやっていただけだった。

 

そこは壁際に1人台(シューティングとか)が5台くらい、中心に対戦台が4台くらい並んでいる程度の小さなゲーセンだった。

 

今思えば大人が居た記憶がなく、中高生ばかりだった気がする。

おそらくもう少し行動範囲を広げればもっと対戦環境がいいゲーセンがあったからだと思うが、中学生だった僕はそこに行くまでが精一杯だった。

 

一度ゲーセンでプレイすることを覚えてからは時間があれば1人でも行ってた。

もちろん知らない人との対戦だが、それがとても楽しかった。

人と会話するのが得意じゃなかったが、お金さえ入れれば誰でも同じゲームをプレイ出来る環境は素晴らしいと思った。

勝ったり負けたり、同じくらいのレベルの人がいたのもよかった。

 

そのゲーセンには、僕が行くときはほぼ必ずと言っていいほど居た人がいた。

おそらく近所に住んでいたのであろう僕よりも少し年上の男の子だったが、いつも集団の輪の中にいるジャイアンのような人だった。

同じ空間で同じゲームをしてるのだが、僕はその人があまり好きにはなれなかった。

いつも偉そうにしていて、人がゲームをしていても筐体に座って来たりした。

そこに来ている子供達はほぼその人と仲良くしてたので、コミュニケーションが苦手な僕はますます一人ぼっちだった。

自分でそれでも良いと思ってたから別段羨ましく思ったりもしなかったが、ゲームもせず近くで大声で話している声はとてもうるさく鬱陶しく思うこともあった。

 

ある日、いつもと同じようにそのゲーセンに行った。

いつもと同じようにジャイアングループがいたが、気にせず格ゲーをプレイ。

暫くすると反対側から乱入が。

どうやらジャイアンが入って来たようだった。

勝ったり負けたりを繰り返しているうちに帰宅時間になったので切り上げて帰ろうと思い席を立った。

(今日も対戦楽しかったな)と思いながらゲーセンを出ようとすると後ろから「帰れ帰れ!!」という大声が聞こえてきた。

振り返るとどうやらジャイアンが僕に言っていたようで、ジャイアン集団がみんなで笑っていた。

僕はバカにするようなその言い方に少しカチンときたが(言われなくても帰るよ)と思いながら後味悪くゲーセンを出た。

 

毎回行くたびに薄々感じてはいたが、どうやら僕はジャイアン集団に良く思われてはいないようだった。

たぶん仲良くしない僕に対して「シマを荒らすな」的な感情を持っていたんじゃないかと思う。

いつもはなんとなくそんな感じするな、と思っていた程度だったが、ここまであからさまに態度に出されたのは初めてだった。

 

ゲーム内では同じルールの中で対等なのに、リアルでそんなことを言われてショックだった。

会話したことはなかったので、プレイスタイルが嫌いだったのだろう。

そのゲーセンにはそれ以降も行ってたが、ジャイアンが視界に入るたびにその一件を思い出してしまい気持ちよくプレイが出来なかった。

ゲームをしていても楽しさよりもモヤモヤの方が大きくなり、次第に行く頻度も減っていった。

 

数年通ったゲーセンだったが、そんなことがあったり、途中でスペースの半分がスロットに置き換わったりしたので別のゲーセンに行くようになった。

 

初めて通ったゲーセンは、対戦の楽しさと人間の酷さ、集団の強さ、孤独の心細さを学ばせてくれる、そんなところだった。

 

そのゲーセンは今はもう無く、跡地はコインランドリーになっているようだ。

スパロボV始めました。

発売日に買った。

とりあえずガイダンスモードやって、1話の1ターン目でセーブしてやめた。

いきなりヤマトから始まったからガンダムメインが少なそう??

 

のんびりやろう。

ゲーセンで言われた衝撃的なこと

ゲーセンで言われた衝撃的なことベスト3

第3位
「かえれかえれー」

中学生の時に今は無き上溝αでのプレイ中に帰ろうとした時に言われた一言。
言われてなくてももう帰るよ。と思った。

ブログ新規作成

ブログ作ってみた。

頑張って続けよう。